(2)子供を当てにしても、ろくな事がないかもしれません。

スポンサーリンク

叔母は、次男の嫁には

一方的に避けられ、嫌われています。

しかも、

『叔母の親戚筋は全員嫌い』

と、夫にも、叔母にも言い放つという強者。

以前にも書きましたけど、

親戚付き合いなんてしてないんですよ。

僕は初めて叔父の葬儀で、

次男の嫁に会ったわけですし。

その次男の嫁、

なぜ、叔母のことを嫌っているのか、

叔母も分からない。

叔父が生きていた頃も、

なぜ、叔父のことを嫌っているのか、

叔父にも分からない。

僕にとって、

叔母は普通に、優しいおばさん。

叔父も普通に、優しいおじさん。

いくら嫁とはいえ、

そこまで嫌うものなのか??

と、首を傾げてしまうんですよねぇ。

で、叔母、長男、次男、

3人での話し合いの中で、

長男の嫁も次男の嫁と同じ気持ちだと、

長男が言っていたようで。

要は、

長男の嫁も叔母のことは

『嫌い』

『関わりたくない。』

ということみたいです。

長男曰くですけどね。

叔母、次男の嫁にも嫌われ、

長男の嫁にも嫌われていたという、

ホント、散々です。

っていうか、

いくら親子の話し合いでも、

そんな事、

普通、親に言う!?!?

と、僕と母はドン引きしてしまったのでした。

叔母の息子たちはアタマどうかしてる。

しかも、歩くのもやっとの弱っている

自分の母親に、

『自分のことは自分でやって。』

と、言えてしまう息子たち。

どうも、叔母の息子たちも

気狂いのようです。

叔母は、

『こんな身体で、

私、どうしたらいいの?』

と、息子たちに言うと、

息子2人は

『民生委員に連絡して、

どうにかしてもらって。』

と、言われたそう。

息子2人も、

叔母のことはどうなっても良いと思っているようです。

スッゴイですねぇ。

僕の従兄弟はこんな奴らなのかと、

この歳になって初めて知りましたよ。

従兄弟たちは

子供として、人として、

相当に酷い。ヤバイ奴らです。

スポンサーリンク

どうして叔母の息子たちは

こんな酷い人間になってしまったのか。

結局、原因は分かりません。

叔父も、叔母も、

一生懸命働いて、子育てをしたのでした。

しかも、息子たちが結婚した後も、

孫の世話、食事の世話もしてきたのに。

なのに、とても冷たい人間になってしまった。

叔父も叔母も、

トホホ・・です。

ですが、敢えて言うと、

息子2人は結婚しなかったら、

叔父も、叔母もこんな辛い経験を

しなかったかもしれません。

結婚をすると

いい意味でも、悪い意味でも、

人は変わるでしょう。

子供ができたら尚更でしょうしね。

しかも、叔母の長男は、

家を買うのにお嫁さんの実家から、

数千万円、お金を借りています。

次男は、次男で、

お嫁さんの実家かから、

車を何台も買ってもらい、

家の外壁修繕の費用も出してもらっています。

お嫁さんから何か言われて、

抵抗しようものなら、

『アンタ、

うちの親にお金出してもらっておいて、

私にそんな態度とるわけ!?』

と、なるかもしれませんね。

可能性は高いような気がします。

そうなると、

息子たちの親への態度も、

変わらざるを得ないのかもしれません。

親は、子供が結婚して、

孫もできて、幸せいっぱい。

ですが、その幸せは束の間なのかもしれません。

僕の叔母のように、一生懸命に子育てをして、

一生懸命に働いてきて、

いざ、自分が身体が不自由になった時に、

子供は助けてくれない場合もあるわけです。

子供の結婚は、

喜ばしいことかもしれませんけど、

その裏には、

子供とは疎遠になる可能性もあるということを

覚悟しておいた方がいいかもしれませんね。

『いや、うちの子はそんな冷たい人間にはならない!!

老後はきっと優しくしてくれる!!』

と、思うかもしれませんけど、

ほとんどの親は子供を一生懸命に育ているでしょうし、

我が子がそんな冷たい人間だとは

思っていないでしょう。

でも、子供はそんな親のささやかな

期待を裏切るかもしれません。

事実、僕の叔母は見事に裏切られたわけですし。

少しでも、そういう事があるというのを

頭に入れておくと、もしかしての衝撃を

多少軽減してくれるかもしれません。

ちなみに、

従兄弟たちは、叔母に

『民生委員にどうにかしてもらって。』

と、言っていましたが、

高齢者のサポートをしてくれるのは、

今は

『地域包括支援センター』

です。ほとんどの地方自治体が設置している

機関です。

もし、自分自身が、

もしくは夫が、妻が、親が、

介護、介助が必要になった時は

『地域包括支援センター』に連絡をしましょう。

ここに連絡をすれば、

相談にのってくれますし、

様々な支援をしてくれますよ。

結局、叔母は息子たちから見放されたので、

僕が叔母の住んでいる地域の

『地域包括支援センター』に

連絡をし、叔母の支援の手続きを

センターの方々がしてくれています。

今は昔と違い、ホント便利です。

なんだかんだ言って、日本の福祉は進んでますねぇ。

電話一本で、色々と支援してくれるんですから。

ま、福祉の制度など、

そういった情報は、常に最新の情報を

頭に入れておいた方が良いでしょうね。

きっと、子供よりも役に立ちますよ。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています。

2ヶ所、応援クリックお願いします。