(13)モラハラ夫(父)は宇宙人

スポンサーリンク

 

 

マンション購入の手続きがひと段落し、引っ越しまで約1年。

以前の家は、30年以上住んでいたため、物で溢れ返っていました。

そのため、この1年で不要な物などの処分、整理をやらなければなりません。

ほぼこの仕事をこなしたのが、母です。

 

 

僕は仕事と学校があり、なかなか手伝うこともできず、

モラハラ夫(父)は端から手伝うということは頭にありません。

 

もしかして、脳梗塞の影響じゃないかって、心配してくれました?

安心してください。そうじゃありません。

元々やる気がないだけ。

 

翌年になり、引っ越し日は2013年3月24日。

3月の中旬になり、僕は学校も休みになったので、

引っ越し準備の手伝いも、多少できるようになりました。

ほぼ、不要物などは母のおかげでだいぶ片付けられていたので、

主に、自分のものの整理で済みました。

ホント、母の活躍に感謝!!でした。

 

ですが、モラハラ夫(父)は引っ越し日が近づくと、

いつも仕事で遅く帰ることなんて滅多にないのですが、

遅く帰るようになりました。

 

なぜ遅く帰るようになったのか、分かります?

もう、あなたも我が家のモラハラ夫(父)の考えがわかるでしょう。

引っ越し準備がしたくないがために、

敢えて遅く帰るのです。

 

何か言われれば、

 

『仕事だから、

しょうがないじゃないですか〜。』

 

そう、モラハラ夫(父)は何か、面倒なこと、やりたくない事があると、

逃げる。

 

とにかく、

逃げる。

 

 

モラハラ夫(父)は

ホント、ずるい人間なのです。

 

 

引っ越し日前夜、

両親の部屋から、言い合いの声が。。。

だんだん声が大きくなります。

 

『あ、喧嘩だ。(ー ー;)』

 

両親の部屋へ行くと、母が泣きながら、

モラハラ夫(父)に文句を言ってるじゃないですか。

要は、引っ越し作業を少しは手伝えと。

自分のものはちゃんと自分でしろと。

 

キレて当たり前ですよね。

ほとんどの引っ越し作業を母一人に押し付けたわけで、

 

モラハラ夫(父)は何一つやらない。

自分の物も母に片付けさせ、捨てさせる。

 

さすがに、疲れとストレスでキレますよ。

 

それに対し、モラハラ夫(父)は

何て答えるのか。

想像できます?これは意表をつかれますよ。

 

 

『母さんだって、

孝行と仲良くしてるじゃないか!!、

バスツアーも最近じゃあ、

誘ってもくれないしさ!!』

 

母、僕

 

『・・・。』

 

もう、何も言えない。

 

バカすぎて、何も言えない。

 

まともに言い合いもできない。

 

 

そう、モラハラ夫(父)はまともに言い合いもできないのです。

 

モラハラ夫(父)は母を一生懸命睨み付けるのですが、

怖い顔というより、

 

まさに宇宙人

 

モラハラ夫(父)の頭の中はホント、どうなっているのか。

これが脳梗塞の影響であれば、まだ良いのですが、

脳梗塞を起こす前から、こんな感じ。

持って生まれてきた頭なのが、ホント残念。

 

力一杯、残念。

 

結局、僕が父をなだめて、皆就寝。

 

母は父に怒りを爆発させたつもりが、

モラハラ夫(父)には通じず、

益々ストレスと疲れが残るのでした。

 

 

 

引っ越しは母の大活躍で、無事終了し、

結局、新居の引っ越しの片付けもほぼ母一人でこなしました。

最後の最後まで、モラハラ夫(父)は何もしませんでした。

やはり、モラハラ夫(父)の決意はすごいものがあります。

面倒、やりたくない事は絶対に意志を曲げない。

ホント、モラハラ夫(父)は恐るべしです。

 

スポンサーリンク

 

この引っ越しで、母は疲れとストレスで疲れ切っていました。

引っ越しして、春を過ぎても、夏を過ぎても、疲れは取れず、

毎日のように

『疲れた。』

『頭痛い。』

『だるい。』

『身体中痛い』

と、連日言うようになったのです。

 

そう、この引っ越しを引き金に、母の精神力も体力も衰退し、

追い討ちをかけるように、モラハラ夫の(父)の攻撃。

最後は、僕のレイキで溜まった『ストレス』、『疲れ』の栓を抜かれ、

経験のないような体調不良が起きたのでした。

スポンサーリンク

続く。。。

ブログランキングに参加しています。是非是非、やる気クリックお願いします。