(18)モラハラ夫(父)は調子がいい奴なのです。

スポンサーリンク

 

 

母は医師から心療内科の受診を勧められて、

もちろん、

 

受診!!

 

すると思いきや、

しませんでした(;´Д`A。

 

 

母に何で心療内科を受診しないのか、

尋ねると、

『もう、お父さんも自分が悪いって、

分かってるでしょ。

これで、また酷い態度ばかりとって、

私が具合悪くなったら、

行くかも分からないけどね。』

『でもね、時期を見て、お父さんに言ってやるのよ。

心療内科の受診を勧められたけど、断ったって。

心療内科は最後までとっておくって。

どんな顔するかしらね。うふふふふ。。。』

 

んん〜〜、良いんだか、悪いんだか(ー ー;)。

僕も母が受診しないと言うのであれば、

無理に心療内科を受診させることはしませんでした。

ほぼ、ストレスからきているのは分かったわけですし。

ほぼ、モラハラ夫(父)が原因でしょうからね。

 

ですが、

 

学校から帰ったら、

モラハラ夫(父)に今日の検査結果と、

医師から心療内科を勧められたことは、

きちんと話すことにしました。

 

家に帰宅すると、母はすでに寝ていましたが、

父はリビングでテレビを見ていました。

 

父がさっさと寝室に行く前に、

今日の検査結果と、心療内科を勧められた事を伝えました。

父の反応は・・・

 

スポンサーリンク

 

『どーせ、

俺が悪いんだろ!!

俺に、

どーしろってんだよ!!』

 

想像通りの反応です。

キレましたね( ̄O ̄;)。

 

『お気づきになられてましたか。

そうなんです。

あなたが全て悪いのです。

あなたの奥さん、

あなたが原因で体調が悪くなっていたのです。

なので、

改心するか、この家から出て行きなさい。』

 

と、言いたかったのですが、

そんなこと言えるわけありません。

 

なんせ、モラハラ夫は

 

プライドが高い。

 

モラハラ夫のクソみたいなプライドを傷つけて、

モラハラ夫(父)のへそを曲げてしまったら、

 

ホント、面倒

 

力一杯、面倒。

 

なことになるのです。

ようやく少しずつ体調が良くなってきた母も、

またブリッ返してしまう。

そうすると、自分もまた大変になるのです。

 

なので、僕はモラハラ夫(父)にこう答えました。

 

いや、親父のせいではないかもよ。

俺が、会社辞めたのが原因かもしれなしね。

原因は本人しか分からないだろうから、

本人に聞くのが一番なんだろうけど、

本人も答えないでしょう。

ま、とりあえず、母には今まで以上に、

優しく接して。』

 

で、キレていたモラハラ夫(父)はどうなったか。

 

『うん、まぁ、そうだな。

本人が心療内科に行かないって、

言うんだったら仕方ないよな。

何が原因か分からないけどな。

俺だって、気を遣ってるんだぜ〜。

ほんっと、ワガママなんだよな〜、

母さんは。』

 

 

僕の答え方が悪かったですかね。

モラハラ夫(父)が調子に乗り始めましたよ。

 

『あ、

調子乗っちゃって

(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎』

 

ですよ。

しかも、モラハラ夫(父)は

『自分のせい』という責任を無くそうとしてます。

 

『ッカーーーー、

こいつ、

ホント調子のいい奴だなぁー。』

と、思うのでした。

 

とりあえず、へそ曲げずに済んだのは

良かったの・・かな。

 

 

翌日の夜、学校から帰ってくると、

冷蔵庫にケーキの箱が。

そう、モラハラ夫(父)は

母のご機嫌をとる時、

母がキレた時には、

とりあえずケーキを買ってきます。

 

『ケーキを買っておけば、

女なんて、

すぐにご機嫌ばい!!』

 

と、思い込んでるのです。

 

ですが、

母はあまりケーキは好きではありません。

甘いものがそれほど好きではないのです。

強いて言うならば、

洋菓子より和菓子なのです。

 

ですが、モラハラ夫(父)、

 

ケーキ大好き!!

 

要は、母のご機嫌をとるはずが、

自分のご機嫌をとってるのです。

モラハラ夫(父)は結局、

 

『相手の利益より、

自分の利益』

 

なのです。

スポンサーリンク

続く。。。

ブログランキングに参加しています。是非是非クリックお願いします。