(26)僕の定期試験の秘策はこれだ。

スポンサーリンク

 

 

モラハラ夫(父)が家を出たことで、

母は安心したのと、またいつ戻ってくるのかという恐怖、

そして自分のせいで

家族に迷惑をかけているという気持ちが入り混じり、

一晩中泣き、泣きながら

『ごめんなさい』と、

延々、呟いていたのでした。

 

 

 

さて、僕の予定では今頃、国家試験に向けて、

まともに勉強している最中であり、

失業保険も終わる頃なので、

そろそろアルバイトでも。。。

なんて予定でしたが、全く予定通りになりません。

 

しかも、

母が突発性記憶障害になったのは、

学期末試験前。

母が回転性のめまいを起こしたのも、

実は学期末試験前。

 

僕の重要なタイミングで、何かが起こる。

 

なぜだ。

 

なぜなんだ!!

 

なんて、当時は思ったのですが。

 

ですがね、

よくスピリチュアルな話しで、

 

『引き寄せの法則』ってあるの、

 

ご存知です?

 

とっても簡単に『引き寄せの法則』を説明すると、

 

『強く、詳細に、

自分の願いを思い続けると、

それが現実化される。』

 

というもの。

 

僕は、東日本大震災のとき、

個人レベルのアセンションをしたんです。

あくまで、僕の感覚ですけども(;´Д`A

では、東日本大震災で、僕はどう強く感じたのか。

 

『人に感謝される

仕事がしたい、

感謝されたい、

人の役に立たないと!!』

 

と強く感じたのでした。

※詳細はこちらをご覧ください。

→ 僕がアセンションしたきっかけ

 

スポンサーリンク

 

そしたら、

実現しちゃいましたね。

モラハラ夫(父)に代わって、

母の世話をし、病院に連れていき、

家事をし。。。

母にとったら、少しは役に立ったはず。

なぜなら、

母にとても感謝されたからです。

 

この当時は、必死で、そんな事も考えてなかったのですが、

後になって考えたら、

これ、

僕が強く感じて、強く願った事で、

起きていることなのかもしれない。

絶妙のタイミングで。

 

しかも、

 

母は死ぬかと思うくらいの体調不良を経験して、

こう強く思ったのです。

 

『モラハラ夫(父)から

解放されて、

もっと自由に生きたい。』

 

そしたら、

実現しちゃいました。

モラハラ夫(父)が家から出て行ったのでした。

 

そして、

 

その人にとって、良い意味での

大きな変化がある時は、

 

経験したことのないような、

大変な出来事、

大変な苦労が伴う。

 

そして、リセットされ

 

『ゼロ』

 

になる。

 

『ゼロ』になる事で、

自分が心底『したい』、『やりたい』を

一から、築きあげる事ができるのだそう。

 

歴史にも同じ事が言えますよね。

戦争によって混乱が起き、大変な世の中になり、

ある支配者による一つの文明が滅びると、

ゼロになる。そして、

次の支配者は前の文明を無かったかの様に、

消し去ります。

そして、新たな文明を一から作っていくのです。

それは、自分がしたい様に一から作り出す事ができるからです。

 

 

なので、

僕にとって、母にとって、

この大変な出来事、大変な苦労は、

自分たちにとって、

より良い方向にいくための過程であり、

 

『必要なこと』

 

だったということ・・・

なのかもしれません。

 

 

さて、学期末試験の結果はとういうと、

不思議なことに、

それほど勉強に打ち込めなかったのですが、

追試なし。

 

実は、

この時、

僕は『引き寄せの法則』を使ったのでした。

 

やり方はというと、

 

『僕は全ての試験で、

余裕でパスできる。』

 

と、何度も強く念じたのでした。

 

すると、

 

全ての試験は余裕で合格ライン。

しかも全ての科目で、60人中一桁の順位。

 

勉強に打ち込めない分、僕は

『引き寄せの法則』で、

試験は乗り切ったのでした。

スポンサーリンク

続く。。。

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、願望実現に一歩近づける様な気がします。