(45)兄が両親のことで、さじを投げやがりました。

スポンサーリンク

 

 

 

秋休みに入って早々、モラハラ夫(父)との食事をすることになって、

とても憂鬱な僕。

一応、母にも

 

 

『親父が、

一緒に食事でもどうかって

LINEが来たんだけど、

行くわけないよね?』

と、聞いたところ、

 

 

 

『はい!?行くわけないわよ、

あの人一体何考えてるの?

あの人に会ったら、

また具合が悪くなるじゃない。

よくそんな事が言えるわよね。

私がこうなって、

責任も何も感じてないんじゃないの?』

 

 

『まぁ、バカなのは間違いないね。

あの人なりに責任は感じてるんじゃない。

たまには、美味しいものを食べさせたいとか、

そんな感じなんじゃないの。

美味しいレストランがあるんだって。』

 

 

『一人でいいものばかり食べているのね。

本人の勝手だけど。

糖尿病なんだし、また脳梗塞起こしても

自分の責任よね。

ホント、バカよ。』

 

 

モラハラ夫(父)の話しをする前までは、

ボ〜っと、していた母ですが、

モラハラ夫(父)の話しをし出した途端、

モラハラ夫(父)に対する文句やら不満やらを、

ずっと話し続けるのです。

 

どうも、モラハラ夫(父)の事を少しでも

話したり、思い出してしまうと、

母のモラハラ夫(父)に対する

怒りのスイッチが入ってしまうようです。

 

僕は母のその愚痴、不満、怒りを毎日

聞き続けるのです。

特に夜中にこの怒りのスイッチが入ってしまう。

なので、

僕は毎晩、寝るのが午前2時ごろ。

この時くらいから、

母は睡眠導入剤を服用しても、寝付けないようになったのです。

 

僕は、毎日、寝てるんだか、寝てないんだかの日々。

いつも眠い。

そして頭もボ〜〜っとしてるのでした。

 

スポンサーリンク

 

この頃には、兄は実家には来なくなりました。

僕に、

 

『俺も仕事があるからさ、

そんなに親に構ってられないんだよ。

子供にこんなに迷惑かけてさ、

子供として恥ずかしいよ、俺は。

お前も親に振り回されてないで、

家を出るとか、ちゃんと考えておけよ。』

 

 

さすが、モラハラ夫(父)の遺伝子を継ぐ長男。

2ヶ月前までは、あんなに張り切っていたのに。

兄は両親のことで、自分の思うようにはいかず、

そして、両親ともうまくコミュニケーションが取れず、

イライラ、ムカムカ。

 

そして

 

『あー、めんどくせー。』と、

 

さじを投げたのでした。

 

 

僕は

 

『お前は長男なのに、

人の話しを聞けない人間で、

器が小さい人間で、

弟として力一杯、恥ずかしいぞ。』

 

と、思うのでした。

 

どこの夫婦でも結婚生活が長く続けば、

夫婦間の問題は根深いのは当たり前。

少し話しを聞いたからって、理解できるわけがない。

そんなの結婚してない人でも分かりそうなこと。

 

 

僕からしたら、

親と一緒に住んでいるわけでもなく、

毎日話しを聞いているわけでもなく、

たまに会う程度で、

そこまで兄に面倒はかけてはいないはずなのですがね。

ですが、

僕の兄は

そういう人間なのだから仕方ない。

 

 

 

あ、そうそう、

僕の兄は25歳で結婚をしています。

なので、僕には義理の姉がいるのです。

覚えてますか?

 

『兄貴がダメなら、

兄貴の嫁さんはどうなの?』

 

と、思ってくれた、アナタ!!

素晴らしい!!よくぞ覚えていてくれました。

 

確か、1)僕の家族

で、画像付きで兄嫁を紹介したのですが、

スペックは追々ということでした。

 

兄嫁のスペックは、

・兄の年齢より2つ上

・現在、フリーで働いている

・今までは年に1度しか会わない

・現在は2年以上、会ってない

・こちらから話しかけないと、話さない

・気遣いができない

・仲良くしようという心遣いはない

 

ま、ざっとこんな感じです。

兄の嫁だからといって、別に敵対心とか全くないですからね。

僕は仲良くしようと心がけていたのですが、

どうもダメみたいです。

 

なんせ1年に1度くらいしか、お会いしませんからねー。

仲良くしようとしても、できないのは当たり前かもしれません。

僕の勘違いかも分かりませんが、

なんとな〜〜く、兄嫁から拒否されている感じがするのです。

 

ただ言えるのは、

兄と兄嫁は似ているところが多々あります。

やはり、気の合うのも頷けます。

 

兄嫁の詳しい事については、また次回に。

けっこうスゴイんですよね、

僕の義理姉は:(;゙゚’ω゚’):

スポンサーリンク

続く・・・ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、天使が舞い降りてくれそうな気がします。