(60)母が壁に体当たり、そして、床へダイブ!!

スポンサーリンク

 

 

11月も後半になり、

学校では卒業試験の追試が行われました。

今回の試験で、だいたいの生徒は

合格したようです。

いつも一緒に帰ってる浅田さんも

無事に合格。

よほど嬉しかったのか、

発表直後に佐藤さんと僕に、

すぐに連絡をしてくれたのでした。

 

 

母はというと、

相変わらず、

力が入らず、歩き方もフラフラ。

そして、突進歩行のような歩き方なのでした。

 

処方された抗不安薬デパスのおかげか、

自殺願望は薄れたようですが、

なんせ身体が思うように動けない。

そして

常に『ボワ〜ン』

としている感じです。

 

 

母は超がつくほど

真面目で素直な性格。

これほどの体調不良になる前は、

どんなに体調が悪くても

きちんと家事をこなすのでした。

 

そしてモラハラ夫(父)は、

 

『女が家事をやって当たり前!!』

『家事の手抜きは許さん!!』

 

という考え。

 

まだ両親が結婚してまもない頃に、

母はモラハラ夫(父)にそう言われたそうです。

真面目で、

素直な性格の母は、

それにきちんと従ってきたのでした。

 

そしていつの間にか、

 

『家事=私の仕事、

家事は私がしなければならない。』

 

と、思うようになったわけです。

 

 

なので、

国家試験に向けて

勉強しなければならい僕に

迷惑をかけてしまっていると、

常々思っている母は、

自ら洗濯もするようになり、

掃除もするようになったのです。

 

 

母が無理してやらないでも、

僕が掃除、洗濯しても

別に構わないのですが。

 

 

母は

 

『寝てばかりは嫌だ!!』

 

と言って、

洗濯と掃除をしてくれるのでした。

 

スポンサーリンク

 

ですが、

 

バタン、

ドシン、

ドスっ

 

と、もの凄い音がするのです。

母が壁に向かって体当たりしたり、

床に向かってダイブするのです。

要は、よく転ぶのです。ぶつかるのです。

 

抗不安薬デパスの影響で、

ただ歩いていても

フラフラするのですが、

何かの動作をしても転ぶ。ぶつかる。

そして、しゃがみ込んでしまうと、

何かにつかまらないと、

立ち上がれないのです。

 

さすがに、

僕も

 

『俺がやるからいいって!!』

 

と、声を少し荒げてしまうわけです。

 

そして、

 

母は以前の自分なら、

こんなこと

さっさと終わらせることが

できたのに、

今は思うようにできない。

そんな自分に、イライラ。

 

そして僕に

 

『私がやるって言ってるんだから、

いいじゃないの!!』

 

と、キレる。

 

これでは

母と僕の関係が悪くなってしまうので、

母が自ら

 

『やる』

 

と言ったことは、

やって貰うことにしたのでした。

 

ただ、母の状態を見ていて、

何だか可哀想に思うのでした。

 

 

そしてこの頃から、

母は僕が言ったことをすぐ忘れてしまうのです。

テレビで以前見たばかりの再放送も

 

『初めて見た。』

 

と、言ってしまう。

 

僕は一瞬、

 

『ボケたか!?』

 

と、思ったのですが、

恐らく、抗不安薬デパスの影響なんだと思います。

今現在の母はデパスを服用してませんが、

母はその当時のことを

あまり思い出せません。

 

スポンサーリンク

 

こんな状態でも

自殺のことを常に考えているよりかは

マシですが、

もしかしたら、

 

パーキンソン病!?

認知症!?

 

と、疑うくらいの状態なのでした。

 

ですが、

 

デパスの服用をやめてしまうと、

僕が学校に行っている最中に

万が一のこともありえます。

 

なので、

 

僕が学校を卒業するまでは、

デパスを飲み続けて貰うことにしました。

まぁ、薬を飲み続けるか、飲み続けないかは、

医師の判断なのですがね。

 

ですが、

 

この年の年末に、

大変なことが起きたのです。

 

続く・・ブログランキングに参加しています。

1日1回、幸運クリックをどうぞ!!