(72)謝恩会より、高級スパが良い!!

スポンサーリンク

謝恩会が始まり、皆が盛り上がる中、

僕は佐藤さんのことで、気持ちは落ち着かず。

クラスメイトの話しもあまり耳に入らず。

料理も食べる気もせずなのでした。

あっという間に時間は過ぎ、

謝恩会も終了間近。

一足先に僕は会場を後にし、

佐藤さんが予約してくれた

高級ホテルの、高級スパに向かうのでした。

浅田さんと藤木くんとはホテルで合流。

スポンサーリンク

スパに着くと、

超高級な雰囲気を醸し出しており、

僕ら3人には似つかわしくないような・・・。

ちょっと躊躇しながら中へ入ると、

女性の係の方がとても親切に対応してくださるのでした。

そして、3人それぞれ個室に行き、

施術を受けることに。

もうね、

ウヒョヒョ〜!!

ですよ。

雰囲気も良いですしね、

アロマ香るオイルの施術を受ければ、

人は幸福感に満たされるんですね。

キレイな女性の施術者の方に、

『だいぶお疲れのようですね。』

なんて、言われてしまって。

元気よく

『はい!!』

なんて、お返事してみたりしちゃって。

2時間半ほどの施術だったのですが、

あっという間でした。

ホント、最高の体験。

また体験したい!!

と、思いますけど、

お値段がねぇ。。。

¥45,000

ですからねぇ。

浅田さんも、

藤木くんも、

感動していました。

で、食事をすることになったのですが、

場所が場所だけに、周りは高いところばかり。

どうせ高いんだったら、

ホテルで済ませようと。

卒業記念だし。

ということで、

ホテルのレストランで食事をすることにしました。

なんとな〜く、予想はしていましたけど、

浅田さんも、藤木くんも、

僕がご馳走してくれるという考えでいるんだろうな、と。

ただ、それなりにお金の用意は2人ともしていると思ったら、

お金の用意をしてきてないようで。

普通、レストランに入る前に、

『お金の持ち合わせがない』

くらいのことは、言うべきだと思うんですがね。

お会計の時に、

藤木くん

『今日は3000円しかありませーん。』

浅田さん

『私は5000円札だけ。』

確かに2人は僕より年下ですけどね。

もう30過ぎてるんですよ。

卒業式ですよ、今日は。

普通、少し多めに財布にお金入れとくべきじゃないかな〜。。。

2人揃って財布の中身が3000円、5000円って。

完全にご馳走になる気満々じゃんよ!!

で、3人合わせての合計が、

34,000円。

仕方なく、僕は支払うことに。

おかげで、

一気に財布の中身が吹っ飛んだのでした。

とても美味しかったので、

良かったのですけど。

卒業記念だし。

スパの効果で、

さっきまで身も心も軽くなったのに、

なぜかさっきより身も心も重くなり、

財布は軽くなっているのでした。

そして、2人と別れ、

地元の駅に着くと、

早速、佐藤さんに電話。

スポンサーリンク

『どうですか?美佐子さんの容態は?』

佐藤さん

『孝行くん、

お陰様でなんとか、出血は止まったよ。

もうね、さすがに死ぬんじゃないかと思ってさ。

いや〜、ホント、良かった。

孝行くんのお陰だよ。』

『いやいや、僕ではないですよ。

美佐子さんが頑張ったのと、

佐藤さんが一生懸命に看病しているからですよ。』

そんなやり取りをしながら、

今回の高級スパのお礼を伝え、

また何かあったら連絡をしてくれるように

伝えたのでした。

僕が高級スパで施術を受けている最中、

ヒーリングの先生からメールが来ていました。

先生曰く、

『もう大丈夫なような気がする』

とのこと。

その後、ヒーリングの先生が言ったように、

美佐子さんは徐々に回復して来たのでした。

そして、美佐子さんは4月末に退院。

通院などもあるため、1ヶ月ほど実家で過ごした後、

6月半ばでようやく親子3人、東京で暮らし始めることができたのでした。

しかし、

ここからまた、

佐藤さんの悲劇が始まるのです。

ですが、この話しは後々に。

我が家のモラハラ夫(父)のことがあるもので。

スポンサーリンク

続く。。ブログランキングに参加しています。

1日2箇所、クリックお願いします。