(74)モラハラ夫(父)は被害者を装います。

スポンサーリンク

家に帰ると、いつものように母が

『どうだった?』

と、聞いてきたのでした。

『どうもこうも、アイツは最悪だな。

ホンット、性格悪いし、

反省もないし、父親らしくもないし、

思春期の子供みたいだし。

アイツとはもうしばらく会わないよ。』

『ど、ど、どうしたの?』

『いや、母さんが体調が悪くなったのも

ほぼ、100%アイツの責任じゃん。

突発性記憶障害になったのも、

鬱になったのも、アイツの責任じゃん。

帰り際にさ、

「俺の母さんじゃねーからな。

お前の母さんなんだから、

ちゃんと面倒見てやれよ。」

って、言われてさ。

そもそもお前のせいこうなったんだろっつーの。』

『なに!?

あの人そんなことあなたに言ったの!?

それはもう会わないで良いわよ。

会っちゃダメよ。

あの人、ホンット馬鹿よ。

息子にそんなこと言うなんて。』

その後、モラハラ夫(父)の事について、

母と2人で散々に言ってやったのでした。

スポンサーリンク

一週間後。

モラハラ夫(父)からLINEがきました。

『いい天気だね。

今日の午後、一緒にランチでもどうですか?』

バーロー。行くわけねーだろ。

LINEの文章からすると、今日のモラハラ夫(父)は気分が良いようです。

ですが、一週間前にあんな事を言っておいて、

よくも

『一緒にランチでもどうですか?』

なんて、言えるよな〜。

って、それがモラハラ体質の人なんですね。

我が家のモラハラ夫(父)は、

一週間前、僕に

『俺の母さんじゃねーからな。

お前の母さんなんだから、

ちゃんと面倒見てやれよ。』

と、言ってしまった事を

ちゃんとモラハラ夫(父)本人も覚えているのです。

で、なんであんな事を言ってしまったのか。

答えは簡単です。

『機嫌が良くなかったので、思わず。』

と言う事です。

モラハラ夫(父)1人になって、

少し経つと、

『やべ、孝行にあんな事言っちゃったな。

アイツ、怒ったかなぁ。

ま、来週にでも飯でも食わせておけば、

チャラになるな。そうしよう。』

と、考えて、

ご機嫌伺いに僕にあんなLINEを送信してきたのです。

で、僕はどう返信したかと言うと、

スポンサーリンク

『行きません。と言うか、

しばらく会いませんし、連絡しないでください。

先週に親父が言った事覚えてますよね?

「俺の母さんじゃねーからな。

お前の母さんなんだから、

ちゃんと面倒見てやれよ」

って、俺に言ってきたけど。

アンタのせいでこうなってるんだろ!!

そもそもアンタの奥さんだろ!!

全てアンタの責任なんだよ!!

なので、しばらく1人で楽しく生活してください。

僕は、母を面倒見ないといけませんので。

母を元気にしないといけませんので。

邪魔しないでください。』

以上の内容をLINEで返信したのでした。

けっこうキツイですかね。

ですが、これほど言わないと、

モラハラ夫(父)も気づかない、

いや、傷つかない。

その後、さすがにモラハラ夫(父)から

LINEの返信がきませんでした。

が、

兄から電話が。

うわ、モラハラ夫(父)、

兄に泣きつきました。

『ああー、面倒(ーー;)』

仕方なく電話に出ると、

『あ、孝行。

親父から電話があったんだけど。

スゴイショック受けててさ〜。

お前なに言ったの?』

はい、ここでまたモラハラ体質の人の特徴です。

モラハラ体質の人は、

人に酷い事をしたり、言ったりしておいて、

そのことについて自分が責められたり、不利になると、

今度は自分が被害者を装い、周りに嘘を言って、

結局、本当の被害者を悪者にするという手段にでるのです。

しかも、周りもうまいこと騙される。

僕は兄に

『いや、LINEしただけだよ。』

『LINEしただけで、親父があんなショック受けないだろ。

何言ったんだよ。』

僕は事情を話すと、

兄は

『ちょっと今からそっちに行って、

話し聞くから。』

『いや、来ないでいいよ。』

『いや、ちゃんと話し聞かないと分からない。』

と言って、結局こちらに来ることになったのでした。

久々の厄介ごとに、

兄も長男意識がウズウズしたのでしょうね。

なんだか張り切ってます。

非常に迷惑ですけどね。

兄もモラハラ夫(父)の血を引いています。

とても気分屋なのです。

気分の良いときはこうやって、

無駄に張り切って、望んでもない行動をするのですが、

そんな気分ではないときは、

もの凄い不機嫌を醸し出します。

ま、どっちにしろ、面倒なのですが。

今日はモラハラ夫(父)にも会わないで良いと思ったら、

会いたくもない、話したくもない

兄と会わないといけない。

学校を卒業しても、

家族からの卒業はできないのす。

当たり前ですがね。

スポンサーリンク

続く。。。ブログランキングに参加しています。

1日2箇所、張り切ってクリックお願いします!!