(86)モラハラ夫(父)に騙される母の友人

スポンサーリンク

年が明けて、2016年。

母は友人2人と初詣に出かけるのでした。

その友人とは、以前書いたママ友です。

(38)母は久しぶりに友人と会ったのでした。

初詣から帰宅後、母の様子がおかしい。

どうしたのか聞くと、

友人2人のうちの1人が、

母に対してつらく当たるとの事。

去年の年末に会った時も同じ様に、

母に対して非常に冷たかった様です。

母はその一人の友人に何かしたのか、

思い悩んでいたのでした。

その友人は旦那さんのDVが原因で、20年以上前に別居。

現在も別居中。

以前までは、母の良き理解者なのでした。

それが、

『甘えてるんじゃない!!』

『もっとしっかりしろ!!』

『旦那もかわいそう』

なんて事を言われた様です。

態度もツンとしていて、目も合わせない。

一体全体、何でこうなったのか・・・。

僕は母に、

とりあえず、その友達とは会わない様にした方が良いと

言っておいたのでした。

またその友人と会うことで、

思い悩むことになりますからね。

せっかく体調が良くなってきているのに、

また悪化しては元も子もありません。

2、3日して。

僕がテレビを見ている最中、

突然、思い出したのです。

モラハラ夫(父)が、言っていたのでした。

ああぁぁぁぁ!!

忘れてた。。。

というか、モラハラ夫(父)の話しは長くて、

つまらなくて、なに話しているの分からない。

なので、しばらくすると、

自然とモラハラ夫(父)の話しを聞き流してしまうのです。

なので、すっかり忘れていたのです。

で、モラハラ夫(父)は何を言っていたのかというと、

『あ、そうそう。

この前、前園さんにバッタリ会ったんだよ。

母さん、世話になってるんだろ?

だからさ、

お茶に誘って、ケーキセットをご馳走したんだよ。』

イカン!!

モラハラ夫(父)はこんな話しをしてたんだった( ゚д゚)

モラハラ夫(父)は、

母の友人を誘って、

ホテルのラウンジでお茶していたのでした。

モラハラ夫(父)はその母の友人と面識があると言っても、

挨拶する程度。

お茶をしながら話しをする様な親しい間柄ではありません。

では、モラハラ夫(父)はなぜ、母の友人を誘って、

お茶までしたのでしょうか。

それは

『自分自身を悪者にしないため』

『母の友人関係を壊すため』

です。

おそらく、モラハラ夫(父)は、

母の友人をお茶に誘い、

いかに自分は被害者なのか、

そして、いかに今も昔も母に尽くしているのか、

母の友人に話したのでしょう。

まぁ、その話しを聞いて、

うまいこと母の友人は騙されたんですね。

これで母の友人にしたら、

僕の母は、

『ワガママな人』、

『ダメな人』

になってしまったのでした。

見事、モラハラ夫(父)の予定通り。

これで、母の友人は一人いなくなったのです。

ただ、モラハラ夫(父)のバカなところは、

僕に話してしまうところ。

それを聞いた僕は、母の友人もどうかと思うわけです。

旦那が原因で鬱になった友人のその旦那さんと、

2人でお茶をしている。

しかも、友人からは事情を聞いているわけですよ。

その後、その友人は母と会っても、

『あなたの旦那さんとお会いして、

お茶をご馳走になりましたよ』

の報告もなし。

スポンサーリンク

何事もなかったのかの様に振舞っていればいいものの、

母の友人は母に対して、嫌悪感が出てきたのか、

母につらく当たって、態度も悪くなってしまったがために、

バレてしまったのでした。

バカですねぇ。母の友人だった人も。

ま、大した人ではない。

これからの母にとって、必要のない人でしょう。

ですがね、いかにモラハラ夫(父)が

人を騙すのがうまいのかが分かりますよね。

そして、自分を良く見せることと、

自分を守ることには必死。

ホント、

意地の悪い

気持ち悪い、

せこい、

女々しい、

男。

これぞ、我が家のモラハラ夫(父)なのです。

もちろん、母にこのことを話し、

その友人とは連絡を絶ちました。

これでまた、

モラハラ夫(父)は母から信用も信頼もなくすのでした。

スポンサーリンク

続く。。。ブログランキングに参加しています。

応援クリックお願いします!!