(124)モラハラ夫(父)に対抗するには、やはり男性弁護士なのかも。

スポンサーリンク

今回、初めて弁護士相談に行ったわけですが、

いかに、兄の提案してきた

『夫婦円満解決』というのが

酷かったのか、思い知ったのでした。

母も僕も、弁護士相談に行かなければ、

夫婦円満解決がグレーゾーンだとか、

婚姻費用が3万円はあり得ないとか、

モラハラ夫(父)が会社のお金を

隠してしまえば、そのお金は一円も

母には入ってこないとか、

それらのことは、知り得ない情報

なのでした。

お金を払って、

相談に行ってホント良かったですよ。

ですが、

相談に行った弁護士には

『もう少し早く、

私のところに来てくれてたらねぇ・・』

だなんて、やんわりと断られたので、

この弁護士に依頼するのは

やめておいたのでした。

両親が離婚になったとしても、

母が納得するような

結果が得られる自信が無いような感じが

この弁護士にはしたのでした。

そして、

恐らく、

モラルハラスメントの旦那と知って、

やはり、一筋縄ではいかないと

踏んだのだと思います。

クソイモ弁護士とは違いますねぇ。

こちらとしても、

依頼していい加減な仕事をされて、

最悪な結果になってしまうより、

最初から断ってもらった方が

良いですし。

スポンサーリンク

で、次は男性弁護士に相談をしに行くことに。

今回選んだ男性弁護士なのですが、

年齢 60歳、

見た目 ジャイアン

弁護士歴 32年

こんな感じのスペックです。

なぜこの弁護士を選んだかというと、

モラハラ夫(父)が苦手とする

タイプなのではないかなって事です。

だって、

見た目は年を取ったジャイアンですし、

弁護士歴も長いベテランですしね。

そりゃあ、

色々な案件を処理してきたでしょうから、

経験も豊富でしょう。

モラハラ夫(父)といっても、

ポンコツ老人ですよ。

こんな弁護士であれば、

モラハラ夫(父)も太刀打ちできないと、

思ったわけです。

たまたま、偶然なのですがね、

モラハラ夫(父)の会社の事務所から

歩いて5分ほどの距離にある

弁護士事務所なんですよね。

そして、

いざ、その弁護士事務所へ。

母は初めての男性弁護士という事で、

ど緊張。しかも年取ったジャイアンですしね。

そして、実際に会ってみると、

まさに、

ジャイアン。

声も野太い声で、

まさに、

ジャイアン!!

なのでした。

ですが、口調は丁寧で、

とても頼り甲斐のある雰囲気です。

前回、相談しに行った時と同様、

母はモラハラ夫(父)と別居した経緯を話すのでした。

そして、前回相談しに行った弁護士と

同じような質問を今回の弁護士にもしたのでした。

今回の弁護士の回答も

前回の弁護士とほぼ同じような

答えなのでした。

スポンサーリンク

そして弁護士は

『奥さんはもう体調は大丈夫なんですか?』

『まだ薬は飲んでいますけど、

だいぶ良くなっているので、

大丈夫です。』

弁護士

『もう旦那さんに未練も何もないんでしょ?』

『はい、全然ないです。』

弁護士

『そうだよねぇ。

ここまで酷いんだから、

縁を切った方が良いかもしれないよね。

また一緒になったら、

こういう旦那は繰り返すからねぇ。』

弁護士

『問題なのは、

今住んでいるマンションと、

旦那さんが本当に6000万円も

お金があるかって事だよね。

「金がない」

って、言っている会社経営者ほど

持ってたりするんだけどね。

でも、

奥さんは、今は旦那さんの会社の

仕事を手伝ってないわけだから、

今の会社の状況は分からないんだよね?』

『はい。でも、退職金は3000万円ほど出るのは分かっています。』

弁護士

『なるほど。じゃあ、

残りの3000万円が

本当にあるのかって、事だね。』

『そうですね。』

弁護士

『あとは、マンションだよね。

区分所有者がご主人、奥さん、息子さんの

3人になっているわけだから、

旦那さんが勝手に売却することはできない。

だけど、

旦那さんがローンを支払えないとなると、

息子さんにくるわけだな。

でも息子さんが今は自分で仕事を

始めたばかりだから、

支払い能力がないとなると、

やはり、売却しか方法がなくなるんだけど、

果たして、すぐに売れるかどうかも分からないよね。

しかも奥さんの年齢を考慮すると、

賃貸を借りるのは難しいでしょ?』

『はい、そうなんですよ。

65歳も過ぎているので、

民間では、ほぼ借りられない

と思うんですよねぇ。』

弁護士は少し黙って考えると、

『もし、

私の方に依頼するのであれば、

記憶障害になって

運ばれた時の病院のカルテと診断書、

あとは心療内科の診断書、

カウセリングの診断書、

そして着手金324,000円を

用意してください。

ご用意できて、契約が済めば、

すぐに動いて、

ご主人にもお会いしますので。』

『あ、分かりました。

ありがとうございます。』

相談は2時間弱くらいに及んだのでした。

ですが、相談料は

なんと、無料!!

弁護士、ジャイアン。

正義の味方、ジャイアン。

頼りになる、ジャイアン。

僕は、この弁護士であれば、

任されられるのではないかと思ったのでした。

母も同様、この弁護士であれば、

モラハラ夫(父)に対抗できると感じていたのでした。

スポンサーリンク

続く・・ブログランキングに参加しています。

2ヶ所、応援クリックお願いします。