日光に行って来ましたよ(輪王寺編)

スポンサーリンク

 

 

あなたはゴールデンウィークは楽しめましたか?

僕はゴールデンウィークの翌週に、

日光へ行って来たのでした。

 

 

日光東照宮にある陽明門が、平成の大修理を終えて、

だいぶ話題になってましたよね。

実は僕、

これまで生きてきて、日光に行ったことが一度もないのです。

そして何より、パワースポット大好きなのです。

なので、ゴールデンウィークも過ぎたし、

混雑はないだろうと、

そしてミーハーの性質もあり、

日光に行って来たのでした。

 

 

天気は曇り空。

お昼に東武日光に到着。

まずは日光の始まりと言われる

輪王寺へ。

はい、それがこちら

 

あれ(−_−;)

どういうこと?

 

こちらも平成の大修理をしているのでした。

 

予定では2、3年で終える予定だったそうですけど、

修理中に柱などに虫食いが発覚。

なので、修理期間が伸びに伸びて、10年だそう。

あと、2年くらいかかるそうですよ。

 

そして日光を開山したのが

このお方 ↓

勝道上人(しょうどうしょうにん)。

勝道上人は7歳の時に、

『修行して、山を開け』

というお告げを受けて、

日光のお山、男体山を開山したのだとか。

ちなみに、

偶然にも僕も7歳の時に、砂場でお山を作っていました。

 

鎌倉時代には日光は関東の一大霊場として、栄えたそう。

って、ことは、

日光という場所自体、すっごい

 

パワースポット

 

なわけです。

霊場(れいじょう)と言っても、

お化けが出る場所ではないですからね。

神聖な場所のことですよ。

 

スポンサーリンク

 

輪王寺ですが、僕が行った日には

それほど人はおらず、良い感じでしたよ。

輪王寺には大きな仏様が

3仏いらっしゃいます。

京都で修復されて戻って来たばかりのようで、

ピッカピカで、とても綺麗。

そして、

神々しい

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

日光は男体山を神格化してるので、

人によっては

『山が神様??』

って、理解に苦しむわけです。

なので、山の神聖さを表現するのに、

仏像という物体で表したわけです。

要するに、仏像は山の神様の化身ということですね。

 

ちなみに日光の信仰は神仏習合(しんぶつしゅうごう)。

崇めるものが、仏であり、神であるのです。

 

こちらの3仏の前にくると、

 

『ピリピリ、グラっ』

 

と、とても良いエネルギーを感じますよ。

 

 

輪王寺は鬼門を封じるお役目をしているそうです。

な、な、なんと、日本列島全体の鬼門を封じてるんだとか。

鬼門は北東の方角にあるそうで、

そっから悪いものが入ってくる。

なので、

あなたが住んでいる家にも必ず鬼門はあるのです。

 

『わたし、俺、どーもうまくいかない。』

 

と、言ってるそんなあなた!!

もしかしたら、あなたの家の鬼門は完全には

封じ込められていないかも。

でも、安心してください。

輪王寺ではこんなのが

販売されているのです。

それがこちら ↓

これを鬼門(北東、もしくは北側)に

貼り付けておくか、

吊り下げておけば、

鬼門が完全に封じ込められる!!

のだそう。

すっごいですね〜。

 

 

我が家も引っ越してから

母が体調崩すは、突発性記憶障害になるは、

鬱になるは。

そして、夫婦別居となったわけですからね。

 

あっっ!!!

ま、まさか、

鬼門が開けっ放しだったのか!!

 

ってことで、すぐさま購入でございます。

 

こちらのお札のような物を購入すると、

もれなくハガキが付いてきます。

後日、

住んでいるあなたの住所、名前、生年月日、

同居人の名前、生年月日を

ハガキに記入し、輪王寺にハガキを出すと、

輪王寺でお焚き上げをしていただけるそうですよ。

なるべく早めにハガキを出すようにした方が良いようです。

 

僕も早速ハガキを書いて投函したので、

お焚き上げをされ、

これで我が家の鬼門は完璧に封じ込められたでしょう。

ムフフ・・・。

スポンサーリンク

 

ブログランキングに参加しています。

応援クリックお願いします。